お受験で採れる対策は限定的

小学校から名門と呼ばれる学校に子どもを通わせたいと思うのであれば、お受験は避けて通れません。国立、私立を問わず小学校に入学できたとして、その先はずっと安泰かというと必ずしもそうではありませんが、少なくとも一般の小学校よりは行き届いた環境で勉強をすることができます。子どもにそうした環境を与えてやりたいのなら、やはりお受験は不可避であり、何らかの対策を講じて受けさせることになるでしょう。もっとも重要なのはしつけであり、子どもの年齢に応じた一般常識です。これは付け焼刃で身に着くものではありませんので、お受験対策というのはかなり長期的視野に立って行うべきものであると言えます。言葉が理解できるようになる以前から、しつけは厳格に行い、そして知識として知っておくべきことは日常生活の中で知るように仕向けていくことが、取れる唯一の対策です。

お受験に必要な具体的な対策は

子どもの人生をより安定したものにしてやりたいとは、どこの親にも共通する願いでしょう。経済的に裕福であれば、子どもを国立や私立の小学校に入れてやることができます。国立の場合は抽選がありますので、努力が必ずしも報われることがないのが現実ですが、私立であればお受験に備えて万全の対策を練る事で、ある程度の合格率を保つことができると見られます。そのためにとれる具体的な対策としては、やはり子どもに対する親のしつけが一番です。私立学校では特に輪を乱さないことが求められますので、授業時間はおとなしく座って先生の話を聞けることが絶対条件です。間違っても授業中に立ちあがってうろうろするような子は、絶対に合格できません。幼いなりに我慢することの大切さを教えるのは親の責任であり、お受験対策の柱といっても過言ではありません。

お受験対策は親次第の理由は

実際のところ、まだ年端もゆかない子供に受験をさせるというのは非常にむずかしいことです。どんなに頑張っても周りからの影響を受けるのが子供ですし、その影響を遮断する力というのは、まだまだ十分には持っていないからです。自分は準備万端だったにもかかわらず、他の子供から影響を受け、それによって不合格になってしまうといったこともあるのが、お受験の現実です。そこには運も関係してきますので、これで万全の対策を取れたとは言い切れません。ただ、そうした周りからの影響を受けてするもの、それがお受験なのだと思えば、また対策も変わってくるのではないでしょうか。周りからの影響を子供なりに遮断できるようしつけをするといったことは、家庭で十分できます。つまるところ、お受験対策はいかに子供を注意深く見ていくかという、親の姿勢にあると言えるかもしれません。